日本語とは異なる英語をペラペラ話すには?

PR|ドイツ語への技術書類翻訳はこちら

日本では、すでに小学校から学んでいる英語。人によっては、幼児教室で英語教育をスタートさせた人も少なくないでしょう。
しかしながら、どんなに小さい頃から学んでも、留学など海外生活をしたことのない日本人で、英語がペラペラと話せる人は少ないでしょう。「あんなに勉強したのに」と感じておられる方も多いかもしれませんね。私は英会話の講師のアルバイトをしていた経験があります。下は中学生から上は50代の会社員・定年後のシニアの方まで、生徒はバラエティーに富んでいました。
皆さん共通して『英語が話せるようになりたい!』と、希望を持って、あるいは、英会話スクールの勧誘員に希望を持たされて、高い授業料を払って受講して下さっていたのだと思います。
私はいつも『週一回、私相手に1,2時間しゃべったからと言って、英語が話せるようになるわけがないのになぁ』と、罪悪感で一杯でした。
なぜなら、自分自身が、一時、親に授業料を払って貰って、英会話スクールに通っていた経験があったからです。
私は、結局、2年間、そのスクールに通い続けて、週に一回、イギリス人と英会話を練習しましたが、結局話せるようになんてなりませんでした。
世の中では『英語を話す国の赤ちゃんは、文法を習ったワケでも無いのに、自然と英語が話せるようになる。 日本人だって、文法など習わなくても、耳から聞いたり、口からしゃべったりしているうちに、自然と英語が出来る様になるハズ』と、まことしやかに言う人がいますが、それはゼッタイ嘘です。
一週間に一度スクールに通ったり、CDを聞き流したりしていても、外国語が出来る様にはゼッタイなりません。
毎日何時間も一生懸命勉強して、それを何年も続けて、ようやく出来るようになり、出来るようになった後も、毎日、それをキープする努力をしなければいけません。
英語の学習は、ダイエットに良く似ています。でも日本の英語教育では英語はうまくならないんですね。
その理由の一つが「文法指導への偏り」です。日本人は文法の問題は幾万回もやらされてきているので、たいていの人は、「現在完了形」とか「仮定形」とか難しい名前と共に英文法をよく理解しています。
日本人の話す英語はキレイ、とよくいわれるのはそのためでしょうね。英語で話すとき、文法は気にしすぎなくていいのです。英語で話す際に大切なことは、「イェス」か「ノー」かハッキリすること、「ううーん」と曖昧ではいけません。
そして、自分の意見をとにかく言うことです。相手は、意見が何かを追及したいわけではありません。意見を言った、という行動自体を受け入れてくれるのですから。

PR|お家の見直ししま専科|健康マニアによる無病ライフ|初値予想|英語上達の秘訣|マッサージのリアル口コミ.com|英語上達の秘訣|生命保険の選び方|家計見直しクラブ|工務店向け集客ノウハウ|住宅リフォーム総合情報|内職 アルバイト|GetMoney|童話|オーディオ|JALカード|